機能性の高い目隠しを簡単に作成する

ガーデンフェンスは庭の方向性を決める

ガーデンのフェンスは庭の雰囲気を決定付ける重要なアイテムです。一体どういったデザインのフェンスを庭に置くのか、それによって庭の方向性が左右されるといっても過言ではありません。たとえばフェンスには木製やアルミ製、鉄製など様々なタイプのものがあります。木製は自然身溢れるものなのでガーデニングにはピッタリです。反面雨風に晒されると壊れやすいという欠点があります。
その点、アルミや鉄は木製よりは壊れにくくなっています。とはいえ基本的には好みの問題ですので、自分の家の庭に合うデザインのものを選ぶのが良いと思います。またガーデンのフェンスは外からの目隠しとしての役割も持っています。ただ単に庭をオシャレに見せるだけの代物ではありません。ですのでデザイン性だけでなく、機能性にも目を向けて選ばないと後悔することになるかもしれません。
目隠しとしての機能が発揮されるのは高いフェンスです。フェンスが低いと目隠しにはなりません。とはいえただ高ければ良いというものではなく、視線を遮ることができる箇所にフェンスを設置することが重要です。逆に言えばフェンスが低いものであっても、高い位置に設置すれば目隠しとしての機能は果たせるというわけです。

ガーデンフェンスは簡単に自作できる

ガーデンのフェンスはただ買うだけでなく、自作することも可能です。自作する場合は主に木製のフェンスになります。というのも木材のほうが加工しやすいことに加え、すのこを利用すればあまり切らずともフェンスを作ることができるからです。ホームセンターに行けば木材は簡単に手に入りますし、それに落ちている木を利用しても構いません。自然の形だからこその独特な味が出せることもあるため、極端な話そこそこの大きさがあればどんな木材でも良いというわけです。
ただ気をつけないといけないのは耐久性です。ガーデニングに使うフェンスである以上、雨風に晒されることが多くなります。それゆえに耐久性が低いとすぐに壊れてしまいます。ですのでフェンスを自作するなら、耐久性の優れた木材を選ぶことをオススメします。フェンスを自作する材料として最も手軽なものはすのこです。
すのこを何枚か用意すれば、それを繋ぎ合わせるだけで簡単にガーデンフェンスを作ることができます。すのこは加工されていることが多いため、耐久性もある程度は兼ね備えています。そもそもすのこは形自体、フェンスに近しいものがあるため、色を塗るだけでもそれなりの形にはなります。このようにガーデニングのフェンスは意外と簡単に制作できるのです。

Category

New Article

2017年08月24日
自分が求める最適な物を作る為の情報を更新。
2017年08月24日
気楽にトライしやすいオリジナルアイテムを更新。
2017年08月24日
機能性の高い目隠しを簡単に作成するを更新。
2017年08月24日
開放的に大切なプライベートを守るを更新。

Calendar

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031