開放的に大切なプライベートを守る

ガーデンフェンスの選び方

庭をおしゃれにしたり、ツルを這わせて自然感を出したりなど、ガーデンフェンスの使い方は色々あります。ガーデンフェンスを選ぶ時には、大きさや材質などの選択が大切で、庭の雰囲気や使用用途など考えるのもポイントです。材質は、木や鉄、アルミ、樹脂、竹などがあって見た目の違いだけではなく、耐久性などにも違いが出てきます。
木製のフェンスにする場合、新品の時には自然の温もりを感じ、見た目もきれいですが、1年経過すると雨や紫外線などの影響もあり、色が変色してしまいます。それ以降も使用を続けると、割れやヒビなどの破損が発生しだします。木の雰囲気を出したい時には、木製ではなく木をモチーフにした樹脂製のフェンスがおすすめで、耐久性に優れ長く設置するには向いている材質です。
選ぶ時には、ガーデンフェンスの設置方法も考える必要があります。通常バラで販売されているフェンスには柱がついていない為、地面にさすか隣接するフェンスに取り付けるかなどになります。風などを考えると、浅く地面にさすだけでは倒れてしまうので、添え木の役割をする柱も必要です。フェンスに取り付けるタイプは、耐久性に優れていますが設置する所が限定されます。最近では、置くタイプのガーデンフェンスなどもあるので、状況や理想、予算に合わせて選ぶのがおすすめです。

ガーデンフェンスで目隠し効果

最近の住宅は門や庭がなく駐車場と玄関という作りが非常に多いです。しかしそのままでは、玄関のドアを開けた時に家の中が丸見えという家が多くあります。そのような家作りは、敷地の無駄もなく効率よい作りとなっていますが、やはり玄関のドアを開けっぱなしにした時、通りすがりの不特定多数の人に家の中を見られているのは、やはり気分は良くないものです。また、来客が見えた時も同じです。
来客と話をしているのを見るとつい目が行ってしまいませんか。もちろん見られている側もいい気分ではないと思います。そのような時、玄関前にガーデンフェンスを置き、その内側で来客の対応をするだけで、家の中をのぞかれているという気分や、来客との会話を聞かれている気分になることはなくなります。また、フェンスに施すちょっとした工夫で、家全体がオシャレになります。
趣味で花が好きな人は花を飾ればより華やかさを演出できます。もちろん何も飾らなくてもシンプルでスッキリしたプライベート空間も生まれます。現代の住宅事情は隣家との距離が近い家が多く、プライベート空間は家の中でしかない場合が多いので、ガーデンフェンスを使うことで家の外にもプライベート空間を作るのは、人の目を気にすることなくとても開放的な気分になりとても良いと思います。

Category

New Article

2017年08月24日
自分が求める最適な物を作る為の情報を更新。
2017年08月24日
気楽にトライしやすいオリジナルアイテムを更新。
2017年08月24日
機能性の高い目隠しを簡単に作成するを更新。
2017年08月24日
開放的に大切なプライベートを守るを更新。

Calendar

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031